ファミリー

レスベラトロールは健康に良い成分|長生きするための秘訣

元気な体をつくる

ハチミツ

こくのある味わい

ハチミツは1800年ごろヨーロッパから北米に渡った人たちの手で開発されたと言われています。当初はまったく人気がなく、北米に住む人に馴染みがなかったことで、見向きもされませんでした。それからしばらくしてハチミツに優れた栄養があると分かり、世の中に浸透するようになりました。ハチミツブームと同時にマヌカの木から抽出される「マヌカハニー」も発売されるようになりました。濃厚でこっくりとした質感でこくがあります。後味が薬のような味がすると敬遠する人もいます。マヌカハニーをそのまま食べるとどうしてもクセが全面的に出てしまいますが、食べ方次第でクセが抑えられるようです。パンにそのままぬってあたためると、食べやすくなります。

目を引くデザイン

「マヌカハニー」は、ハチミツの数倍の抗炎症、抗菌作用があります。食べると流行している感染症やインフルエンザ、風邪を寄せ付けない丈夫で健康な体になれます。すぐに風邪を引く、熱を出しやすいなど免疫力のない人に最適です。「肌を美しく維持する」ことで、女性の愛用者も増えています。マヌカハニーを食べてシワが薄くなった、肌が若返ったという声も多いようです。マヌカハニーは、保存方法に気を使わないと、質感が変わってしまうこともあります。品質にはそれほど問題はないのですが、食べやすさを損ないたくないという人は、高温多湿を避けて管理をします。品数がたくさんあり、パッケージデザインがどちらもお洒落で目を引きます。